最初はズームでなく単焦点レンズ50mmで

最初はズームでなく単焦点レンズ50mmで

最初はズームでなく単焦点レンズ50mmで

撮影に必要なのはデジイチとレンズ。

コンデジはこれがくっついているだけですね。

デジイチのいいところはレンズを交換できることでしょう。

でも最初はレンズなんて1本あれば十分です。

ここで勘違いしやすいのはコンデジと同じズームレンズを購入すること。

最近のズームレンズはデジイチ側が高性能になっていることを受けて焦点距離を広い範囲でカバーしています。

スポンサーリンク

超広角から超望遠まで使えるズームもありますが、こういったレンズはどのような状況でも対応できて便利だから、最初はこれ1本で、と考えがち。

しかもズームレンズは意外と安いし。

でも、逆なんです。

どのような状況にでも対応できる、ということは、どの場面でも平均点の写真しか撮れない、ということなのです。

簡単に言うと、価格の安いズームレンズはオールマイティのため、描写力が弱い上、f値(絞り羽根を開いた状態で取り入れることができる光の量)が高いので、少し暗い状況になっただけでカメラ側の操作が必要となってきます。

ズームレンズで描写力が高く、f値の低いレンズを購入しようとするとハイレベルのデジイチが2台買えてしまうくらいの価格を覚悟しておいた方がいいでしょう。

もし、デジカメ1台、レンズ1本を用意するなら50mm単焦点。

これがベストチョイスです。

スポンサーリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional