料理を上手に撮るにはストロボを活用

料理を上手に撮るにはストロボを活用

料理を上手に撮るにはストロボを活用

おいしい料理ができた時は、それを写真として残しておきたいけれど、コンデジではどうしても上手に撮れません。

雑誌のように、とまではいかないけれど、それに近い写真を残しておきたいですよね。

コンデジで料理を上手に撮ろうとするなら自然光が当たるようにセッティングすればいいのですが、どうしてもストロボを使うとテカった料理になってしまいます。

これはコンデジにセットされているストロボが被写体に直接、光が当たるようになっているからです。

デジイチでも本体内にセットされているストロボを使用すればコンデジの写真と変わらないでしょう。

スポンサーリンク

デジイチのいいところは外部ストロボを取り付けられることです。

大光量の外部ストロボがひとつあるだけで、写真は劇的に変化します。

料理を撮る時は光を直接、被写体に当ててはいけません(直接当てる方法をプロはよくポン焚きなどと言います。以前はフラッシュを焚く、と言っていた名残でしょう)。

光を間接的に当てることによって、柔らかい光が料理全体に回ります。

そのためにはレフ板を用意します。

まず料理に対してレンズを向けるため、三脚を立ててカメラをセットし、構図を決めます。

次に外部ストロボをセットします。

できればカメラと同じメーカーの純正品で、必ず発光部が可動するタイプを選びましょう。

レフ板は折りたたみ式のコンパクトタイプがありますが、なければ白い画用紙でも銀色のトレイでもかまいません。

ストロボ発光部分を上に向け、レフ板に光が当たるようにし、反射した光が料理に当たるよう角度をセットします。

リモートコントローラーがあれば、1人でレフ板の角度を調整しながら写真を撮ることができるでしょう。

この方法で撮影すれば、きっと料理の写真を見て驚くはずです。

スポンサーリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional