天井も壁もバウンスに使う

天井も壁もバウンスに使う

天井も壁もバウンスに使う

ポートレートを撮る時にもストロボはバウンスを使った方がきれいに撮れます。

といっても人物が被写体になっている以上、自分1人で撮影とレフ板、両方を使いこなすことはできません。

そんな時は壁や天井を反射体に使います。

白い天井や壁ならベストですが、黒っぽい場合は壁に白い布や大判の画用紙を貼るだけでかまいません。

人物を白い布などに近づけ、ファインダーの外に反射体を置くようにし、ストロボの発光部を白い反射体に向けて撮影します。

スポンサーリンク

天井が白い時はもっと簡単。

三脚を立て、デジイチを設置してストロボを天井に向けるだけです。

天井から反射された光は室内全体に回り、人物に影を作らないので明るい雰囲気になります。

壁から反射された光は横方向になるので人物に影を作り、表情や顔の向き次第ではミステリアスで不安定感を出すことができます。

人物の個性や洋服なども考慮し、事前にどのようなポートレートを撮りたいのか想定しておくと、人物にポーズや表情の指導を行うこともできますし、カメラ位置やストロボの当て方などもセットしておくことができるでしょう。

人物撮影に慣れていないとセッティングに戸惑うことがあります。

撮影者がドタバタしているとモデルとなる人物にも緊張感が伝わり、思惑通りの写真が撮れなくなります。

ポートレートを撮る時は相手の気持ちを考えながら撮ることが最優先課題です。

スポンサーリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional