デジタルのメリットを利用して撮りまくる

デジタルのメリットを利用して撮りまくる

デジタルのメリットを利用して撮りまくる

デジタルになったからといって、一眼レフが写真を撮る構造で変わったことはありません。

レンズでとらえた被写体をカメラ内部のミラーに反射させてファインダーに映し、シャッターを押すとレンズ内の絞り羽根が閉じ、レンズから入った光を撮像素子に記録させるだけです。

つまりフィルムが撮像素子に変わっただけのことなのです。

この撮像素子、大きさを自由にできることからコンデジや携帯電話にも使えるようになったわけですね。

つまりフィルムのサイズを小さくしたようなものです。

スポンサーリンク

撮像素子とレンズの関係は難しくなるので別の機会に説明しましょう。

デジタルになったからといって撮影の仕方が変わったわけではありません。

写真撮影の基本はフィルムの時代からまったく同じなのです。

ただしデジタルになったことの大きなメリットはその場で撮影した映像が見られること、メモリーカードに映像を収納できることがあります。

デジイチ、と構えず、コンデジと同じ感覚でバシャバシャ撮りましょう。

持っているデジイチの機能で写真サイズを最大にし、メモリーカードをすぐにいっぱいになるくらい撮りまくりましょう。

撮影が終わったら液晶で見て、気に入らない写真は全部消去してしまえばいいのですから。

これがフィルムの時代と大きく違う、デジタルのメリットなのです。

写真撮影の技術を向上させるもっとも最善の方法。

それは1カットでも多くシャッターを切ることなのです。

スポンサーリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional